読書後のアウトプットツールは君にきめた!【主な3つを比較】

読書 アウトプット ツールどうやって本を読んでいいのかわからない
シロ
シロ

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

・読書後のアウトプットにオススメのツールを知りたい
・ツールを知った後のアウトプットのやり方を知りたい

今回はこのような疑問を解決する記事を書きました。

本記事の執筆者

シロは年間150冊ほど本を読む者です。
実際に使用しているおすすめのアウトプットツールを今回ご紹介します。
シロの読書遍歴はブクログでご覧ください。

本記事の内容

・代表的な読書後のアウトプットツール3選
・結論○○と○○の組み合わせがオススメ
・アウトプットのやり方

今回はアウトプットツールでお悩みのあなたに、アウトプットにオススメのツールを紹介します。

この記事を読めばあなたに合った読書後のアウトプットツールが見つかります。

スポンサーリンク

読書後のアウトプットツール 3選

アウトプットツール 比較
アウトプットツール 比較

それではさっそく、読書後のアウトプットツールについて紹介していきます。

読書後のアウトプットツールとして利用されているものを調べたところ…

・ブログ(パソコン)
・読書ノート
・読書管理アプリ

この3点が使われていました!

今回はこの3点を、

  • やりやすいか
  • 本の内容が記憶に残るか
  • 管理がしやすいか
  • その他のスキルが身につくか

の観点から比較してみました!

結論からいうとブログ(パソコン)とアプリの組み合わせが1番オススメです。

ブログ読書ノート読書管理アプリ

やりやすいか

本の内容が記憶に残るか

管理がしやすいか

その他のスキルがみにつくか

総合

10点7点8点

(◎=3点、〇=2点、△=1点として算出)

とは言っても、なぜブログとアプリ組み合わせが1番いいのか。
そんなんオマエの主観じゃねえのか!!!

…っと言うことでひとつずつ解説します!

比較①:やりやすいか

ブログ読書ノート読書管理アプリ

やりやすいか

「やりやすいか」とは手軽かということです。

ブログ→△

ブログはやりやすさの点から見れば、△となります。

なぜなら、本の内容をわかりやすくまとめるのはかなり大変だからです。

しかし、後ほど述べますが、その分ブログにはメリットが大きいのが特徴となります。

読書ノート→○

読書ノートはブログと比べればやりやすいです。

なぜか。
シンプルに私たちは紙に慣れているからです。笑

「パソコンでやるよりは紙のほうがっ…」て人は多いんじゃないですか?

アプリ→◎

アプリは他の2つよりも、かなりやりやすいです。

というかやりやすくなるためにアプリが開発されているので当然といえば、当然なのですがw

たとえば、僕の使っている「ブクログ」はこんな感じで2分くらいで感想が書けちゃいます。

ブクログ 感想
ブクログ 感想

使いやすさはダントツです。しかし、やはりデメリットもあります。

比較②:本の内容が記憶に残るか

ブログ読書ノート読書管理アプリ

本の内容が記憶に残るか

「やりやすさ」はブログが△、アプリが◎でした。

しかし、「本の内容が記憶に残るか」に関してはこれが逆転します。

ブログ→◎

ブログでのアウトプットは本の内容がしっかりと記憶できます。

なぜなら、ブログでのアウトプットは本をまとめるからです。

アプリなど手軽に感想をアウトプットするだけでは、本の内容までは覚えられません。

「大変な分、記憶できるブログ」と「楽な分、本の内容の記憶が難しいアプリ」といった感じですね。

読書ノート→◯

読書ノートは記憶の面でも優れています。

ここで◎としなかったのは、完全に主観です。。。
僕には読書ノートのうまいまとめ方がわからないので、◯です。

とはいえ、うまくまとめられる方にとっては「紙の方が記憶できる!」なんて方もいらっしゃると思うので○です。

アプリ→△

アプリでのアウトプットで本の内容が記憶できるか。うーーーん、、、難しいですね。

頭の中だけで整理ができちゃうなんて人はアプリのアウトプットで十分ですが、初心者には絶対無理です。

やはり「手軽な分、記憶ができないアプリ」と「大変な分、記憶できるブログ」ですね。

比較③:管理がしやすいか

ブログ読書ノート読書管理アプリ

管理がしやすいか

ブログ→◎

ブログをアウトプットツールとして使えば、管理はパソコンやスマホ1つでできます。

管理というか、もう普通に無くならないですよね。
パソコンとか。

あと、個人的にめちゃくちゃメリットと感じるのはどんな体制でも見れることですね。

僕とかは「座ってる」という行為が得意ではないので、寝ながら見れるブログでの管理はまじで重宝してます。

読書ノート→△

・劣化する
・寝ながら見にくい
・やり直しがしにくい

読書ノートが管理しにくい点です。

まず劣化に関しては、やはり紙なので当然です。
文字とか消えちゃうこともあるので、管理の面では劣ります。

さらに基本的にA4やB5の紙にまとめるので、寝ながら見れません。
手ぇ疲れます。アウト。

あとは後から修正が効きにくいことですね。
部分的に直すことが紙だと難しいです。

アプリ→◎

アプリは管理がめちゃくちゃ楽です。

スマホ1つ有ればいいのでw

比較④:その他のスキルが身につくか

ブログ読書ノート読書管理アプリ

その他のスキルが身につくか

本来、アウトプットが達成できれば「その他のスキルが身につくか」はそこまで重要ではないのですが、

せっかくやるなら別のスキルも欲しくね?

ということで観点に追加してみました。

ブログ→◎

・ライティングスキル
・マーケティングスキル
・論理的に説明するスキル
・発信力
・デザインスキル
・SEO

ブログで身につくスキルはこちらです。

ブログは「ネット上に公開する」という点が強いです。

本のアウトプットツールとしても利用でき、さらにこれらのスキルが身につくのはおトクすぎます。

読書ノート→◯

読書ノートもまとめ方によっては、

・1枚にまとめる能力
・デザインスキル

などくらいは身につくのではないでしょうか。

とはいえ、やはりブログには劣ります。
ブログ恐るべし。

アプリ→△

アプリを使って得られるもの、

そのアプリの詳しくなる

以上です。

読書アウトプットツールはブログとアプリの組み合わせがオススメ

読書 アウトプット ツール
読書 アウトプット ツール

ここまでそれぞれのメリットとデメリットを見てきて、僕がブログとアプリの組み合わせをオススメする理由がわかっていただけたでしょうか。

ん????まだ納得できない?????

そんな方のために「ブログとアプリの組み合わせ」に絞ったメリットを3つ紹介します!

・アウトプットの本質を考えた時に…
・紙媒体使う!?
・管理はスマホだけ

メリット1:アウトプットの本質を考えた時に…

今まで読書のアウトプットにはどんなツールがいいか紹介してきたわけですが、

アウトプットの本質を考えればツールなんか正直なんでもいいんですよねw

とはいえ、「テキトーに選べば?」ではこの記事を書いた意味がないので、オススメするのがアプリとブログなんです。

アプリとブログを組み合わせれば、アウトプットの本質が達成できます。

「じゃあ読書ノートは?」って話が次です。

メリット2:紙媒体使う!?

優先順位的にはアウトプットの本質の達成>ツールですから、読書ノートでアウトプットの本質が達成できるなら読書ノートでもいいです。

しかし、考えて欲しいのは今さら紙媒体使う?ってことなんですよね、、、

先ほど述べたとおり、ブログで得られるスキルは6つほどあります。
さらに、これからどんどん世界はデジタル化。

こういう時代になるにも関わらず「紙」を使うってのは少しナンセンスかな…と思います。

まあそれでも「紙」だ!という人は読書ノートを使ってください。
アウトプットの本質から考えてどっちかいいかの判断は任せます!

メリット3:管理はスマホだけ

アプリもブログもスマホ一つで管理できてしまいます。

スマホさえあればアウトプットが2回できる。これは大きなメリットです。

1回よりも2回、2回よりも3回したほうがアウトプットの質が高まることは間違いないありません。

ひとつの媒体で2回。これはもうアプリとブログで決まりでしょ!

おすすめの読書アプリについては、読書記録・管理アプリは何がオススメ?【アウトプット前提で選ぶべき】で紹介しています。

読書後のアウトプットの手順

読書 アウトプット 手順
読書 アウトプット 手順
STEP1:読書アウトプットツールを決める
STEP2:Twitter、もしくは読書アプリで感想をアウトプット
STEP3:ブログにまとめる
STEP4:行動する

手順はこのとおり。

この記事で読書アウトプットツールは決まったので、次はSTEP2です。

STEP2については、読書記録・管理アプリは何がオススメ?【アウトプット前提で選ぶべき】になります。

読書アウトプットの全体像が知りたい方は読書後のアウトプットは効果抜群!おすすめの方法も4STEPで紹介の記事で紹介しています。

読書のアウトプットツール:まとめ

読書アウトプットツール まとめ
読書アウトプットツール まとめ

今回のまとめは、

POINT

読書アウトプットツールはアプリとブログを使え!

です。

再三申し上げますが、ツールはアウトプットの本質ではありません。
受験勉強で「どんなペンを使おうか」考えているのと一緒です。

オススメはブログとアプリなので、サクッと決めてサクッとアウトプットまで行いましょう!

今回は以上です。( ̄∇ ̄アリガトウ)

読書を実際に始めたい人へ

期間限定 500円で公開中

本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

・本を読んでも生活が変わった実感がない
・とりあえずでしか読書をしていない
・どうやって本を選べばいいかわからない

こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。


質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

今だけ500円で「結果の出る」読書法を手に入れる

「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

年間150冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました