読書

【集中できる読書の環境を探している方へ】見つける方法を5STEPで紹介

2020-10-28

読書 環境 集中

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

シロ
クロ
  • 読書に集中できる環境が知りたいな
  • 自分に合う場所を知りたいな!

今回はこのような悩みを解決します。

本記事の信頼性

今回は年100冊本を読む僕が本を読む環境について解説します!

シロの読書遍歴はブクログでご覧ください。

本記事の内容

step
1
みんなが集中して読書をしている環境 9選

step
2
読書に集中できる環境の選び方 5STEP

step
3
質の良い読書をする方法 3選

今回は読書家の方たちが「いったいどこで読書をしているのか」といったことから「自分に合った環境を探すところ」まで解説します。

この記事を読めば、自分がどこで読書をするのが向いているのかがハッキリとわかります。

集中して読書ができる環境 9選

読書 集中 環境 9選
読書 集中 環境 9選

さっそく、みんながどこで集中して読書をしているのかを紹介します。

結論は以下の通りです。

  • トイレ
  • お風呂
  • 電車
  • 公園
  • 河川敷
  • 図書館
  • カフェ
  • ファミレス

トイレ

用を足すついでにって感じです。

トイレは「自分だけの空間」であるので、集中できる環境に好まれるようです。

ただ、

  • 家のトイレ
  • それ以外の場所のトイレ

はまるで安心感が違います。

いずれも長時間読書というよりは、数十分の読書という感じが多いです。

お風呂

お風呂で読書!?と思われるかもしれませんが、意外と多くの人が読書をしています。

こちらも「1人だけの空間」はなかなか存在しないので、湯船をためて半身浴をしながら読書はかなりの人気です。

ただし、

  • 夏は暑いこと
  • 1時間、2時間とそこまで長くいられないこと

などが欠点です。

「集中して読書!」というよりは「ゆっくりしながら読書!」ですね。

シロ

電車

スキマ時間を利用した読書ですね

僕自身電車に乗った時は、必ずkindle unlimitedで読書をしています。

  • 座れたら最高
  • ほど良いうるささ
  • 他の人が携帯ばっかいじってる

この環境が僕にはピッタリです。

ただ心良すぎて眠気を誘われるのが難点ですw

kindle unlimitedのメリット・デメリット総まとめ【4ヵ月使った感想】

公園

公園で読書をしている人もたま~に見かけます。

ガッツリ偏見かもしれませんが、公園で読書をしている方はご高齢の方が多いです。

公園で読書は正直ウ-ン…

あせり

読書ができる場所ではあります。

河川敷

天候や季節に左右されますが、河川敷の読書をしている人もいます。

  • 草花
  • 川の流れ

自然を感じながらの読書は、よりいっそう感受性を豊かにしてくれます。

個人的には天気の良い日に京都の鴨川で読書をするのが夢だったりします。

図書館

もはや本を読むところですねw

めちゃくちゃ静かな環境だけど、他の人もいると言った点が特徴です。

ただし最近は、スマホやPCをいじることや、勉強、飲食を禁止しているところが多いので、わりと不便だったりもします。

少なくとも僕が住んでるところは使えませんでした!

シロ

カフェ

  • BGMと
  • コーヒーと
  • おしゃれな環境

に囲まれた読書は気分が上がります。

ただ、くそおしゃれなカフェは長居がしづらいかもしれません。

店員さんから「いつまでいるの?」ビームを感じるかもしれません。いや、感じます。

このようなカフェで読書をするメリットはカフェで読書するメリット4選【なぜ読書好きはカフェに集まるのか】の記事で紹介しています。

ファミレス

ファミレスによっても色があるので、読書に向いているファミレスもあれば、向いていないファミレスもあります。

たとえば、サイゼリヤとかだったら、中高生も割と勉強しているので読書がしやすいですが、

ガストなどだと子連れの方もたくさんいらっしゃるのであまり向いていないと思います。

僕の近くのファミレスだけかもしれませんが。

回り回って家です。僕は結局家が一番お気に入り。

ここまで紹介しているので、僕が回り回ってきたことはお分かりかと思います。

結局家ほど、

  • ダラダラできて
  • 好きな姿勢で
  • 誰にも迷惑かけず

読書できる場所ってなかったんですよね。

とはいえ、集中できる環境は人によって違う(家だとダラけてしまう)ので次に「自分に合った読書環境の見つけ方」を紹介します!

読書に集中できる環境の選び方

読書 集中 環境 選び方
読書 集中 環境 選び方

個人的には家に辿り着いた僕ですが、集中できる環境は人によって様々。

ここからは「自分に合った読書環境の見つけ方」を5STEPで紹介していきます!

5STEPは以下の通り。

step
1
中か外か

step
2
静かめかうるさ目か

step
3
広いか狭いか

step
4
自分がどのくらい集中できるのか

step
5
実際にやってみよう

STEP①中か外か

まずは「室内」なのか「屋外」なのか自分が集中しやすいほうを決めましょう。

室内
  • お風呂
  • トイレ
  • 電車
  • 図書館
  • カフェ
  • ファミレス
屋外
  • 公園
  • 河川敷

ポイントは「勉強する時どっちが集中できるか?」で考えるといいです。

読書も勉強も、集中することに変わりはないですからね。

STEP②静かめかうるさ目か

次に「静かな場所」か「うるさい場所」かです。

静かめ
  • お風呂
  • トイレ
  • 図書館
  • 公園
  • 河川敷
うるさい
  • 電車
  • カフェ
  • ファミレス

静かすぎる環境も集中しにくいという方も多いので、自分がどのくらいの騒音度がいいか決めます。

ちなみに人が集中しやすいのは、田舎に電車が通るくらいの音だそうです。

STEP③広いか狭いか

次は「広いか」「狭いか」です。

広い
  • 公園
  • 河川敷
  • カフェ
  • ファミレス
狭いか
  • お風呂
  • トイレ
  • 電車
  • 図書館

ここまで来ると、自分が集中しやすい場所はかなり絞れてくるのではないかと思います。

STEP④自分がどのくらいの時間集中できるのか

選ぶ環境によって、何時間くらい滞在できるかが問題となってきます。

たとえばお風呂やトイレは2時間、3時間滞在するのはキツいですよね。

自分の集中できる時間と照らし合わせるといいです!

集中できる時間長い
  • 図書館
  • カフェ
  • ファミレス
集中できる時間短い
  • お風呂
  • トイレ
  • 電車
  • 公園
  • 河川敷

STEP⑤実際に行ってみよう

行ってみよ~
行ってみよ~

ここまで4つのフィルターを通せば、候補が1、2コには絞られていると思います。

その場所に行ってみましょう!!!

頭で考える」のと「実際にやってみる」のは、かなり違いがあります。

その場所で読書をしてみて、「違うな」「ココだな」というのを感じてみてください。

  • やっぱり狭い環境が良かった
  • 自分は静かな環境がいいと思ってたけど意外と違った

いろいろな発見があるはずです。

質の良い読書をする方法

質の良い読書をする方法
質の良い読書をする方法

最後に、質の良い読書をする方法を紹介します。

お気に入り環境が見つかったら読書生活のスタートです。

場所を固定しなくてもいい!

お気に入りの場所が見つかった!

びっくり

と言っても必ずしもその場所で読書し続ける必要はありません。

もちろん「1番読書に集中できる環境」であることには変わりないのですが、

飽きます!

ずっと同じ環境は飽きるので、たまには9つの候補の中で違うものを選ぶのをオススメします!

集中を妨げるものを読書中くらいは排除

  • スマホ
  • テレビ
  • 漫画

集中力を奪うものは、せめて読書中くらいはOFFしましょう!

せいぜい2時間、その2時間返信を返さなかったりしても「ゴメン寝てた」でOKです。

せっかく集中できる環境を見つけたのに、自分から環境を破壊しては元も子もありません。

アウトプットを心がける

質の良い読書、というか質の良い勉強全般にアウトプットは不可欠です。

いくら理論で理解しても、行動しなければ意味がありません。

さきほどの「実際に場所に行ってみる」というのと一緒ですね。

アウトプットについては読書後のアウトプットは効果抜群!おすすめの方法も4STEPで紹介の記事でさらに詳しく紹介しているのでぜひご覧ください。

また、読書法を全てまとめた記事は、読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で紹介しています。

読書に集中できる環境:まとめ

読書 環境 集中 まとめ
読書 環境 集中 まとめ

今回の記事をまとめます!

step
1
中か外か

step
2
静かめかうるさ目か

step
3
広いか狭いか

step
4
自分がどのくらい集中できるのか

step
5
実際にやってみよう

集中できる環境は「読書」だけでなく、これから「勉強」することにも使えるので見つけて置いてソンはないです。

自分なりのお気に入りの場所でぜひ読書LIFEを楽しんでください!

読書を実際に始めたい人へ

キャンペーン開催中

本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

  • 本を読んでも生活が変わった実感がない
  • とりあえずでしか読書をしていない
  • どうやって本を選べばいいかわからない

こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。

質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

値上げする可能性もあります

今すぐ500円で申し込む

「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

年間100冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

読書 できない 
【読書ができない人→できる人へ】読書家への完全版ロードマップ

続きを見る

また読書のあらゆる悩みを以下の記事でまとめています。

読書が苦手な理由全まとめ【これで読書嫌いを直す】

スポンサーリンク




-読書
-

© 2021 shirablog Powered by AFFINGER5