読書術が学べる本

読書術本おすすめ10冊!年間100冊読む大学生が紹介

2020-10-11

読書術 本 おすすめ 

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

シロ
クロ
  • おすすめの読書術本が知りたい
  • 読書をしてもいまいち内容が頭に入らない

今回はこのような悩みを解決します。

本記事の信頼性

他の記事では読んでもいない本を紹介して、儲けようとしています。

この記事は僕が実際に読んで、心の底からおすすめできる本を紹介しています

書評記事があるものもあるので、そちらもご覧ください。

本記事の内容

step
1
読書術本とは

step
2
なぜ読書術本を読むのか

step
3
読書術本おすすめ10選

step
4
読書術本に共通して書いてあったこと

step
5
結果見つけた僕なりの読み方

今回は年間100冊読む大学生の僕が「読書術」に関するおすすめの本を10コほど紹介します。

本記事を読めばおすすめの読書術本がわかり、まずは1冊読んでみようという気持ちになれます。

読書術本とは

読書術とは
読書術本とは

結論からいえば、「読書術本」とは正しい読書の方法を学ぶための本です。

「読書をしろ!」と言われるけど、いざやってみると「どうやって読書をしたらいいのかわからない」という悩みにぶち当たる人が9割を占めます。

そこで、正しい読書の仕方を示したのが読書術本です。

なぜ読書術本を読むのか

読書術 本 なぜ
読書術 本 なぜ

しかしなぜ、読書術本を読んで正しい読書の仕方を知らなければならないのでしょうか。

その理由は以下の3点です。

  1. 効率化するため
  2. なんのために読書をするのか知るため
  3. 自分の読書法を確立するため

読書術本を読む理由①:効率化するため

読書術本を読んで「正しい」方法を知ることで、最短距離を進めます。

どういうことかというと、間違った方法というのは目的への矢印が正しい方向に向いていないということです。

努力
努力の図

つまり、読書をやみくもにしても、違う方向に進んでしまっている可能性が高いです。

それは東京に行きたいのに、大阪方面の新幹線に乗っているようなもの。

だから、最短距離を進むためにも、読書術本を読んで「正しい読書の仕方」を知る必要があるのです。

読書術本を読む理由②:なんのために読書をするのか知るため

極端な話、読書が必要ない人は読書をする必要がないからです。

仕事で英語を使わないのに英語を学んでも費用対効果はかなり悪いですよね。(100%無駄ではありませんが、、、)

自分は何のために読書をするのか。

  • 成功者がやれって言ってたから
  • なんかやることないし、とりあえず読書

こういった理由ではなく、自分で「○○のために読書をしている」と自信をもって言えるようになる必要があります。

僕は今ある課題を解決するためだと思っています!
シロ

読書術本を読む理由③:自分の読書法を確立するため

  • サラリーマンなのか学生なのか、主婦なのか
  • 朝型人間なのか、夜型人間なのか
  • いつ時間がとれるのか

こういった条件によって、読書の仕方は何通りにも変わってきます。

読書術本はあくまでアドバイスです。

最後はそれを自分のやり方にしていく必要があります。

読書術に関するおすすめ本10選

読書術 本 おすすめ
読書術 本 おすすめ

読書術本の意義がわかったところで、おすすめの読書術本を紹介していきたいと思います!

読書術に関するおすすめの本は以下の10冊です。

  1. ACTION READING
  2. 東大読書
  3. すべての知識を20字でまとめる
  4. 読書はアウトプットが99%
  5. レバレッジリーディング
  6. 読書について
  7. 読んだら忘れない読書術
  8. 知識を操る超読書術
  9. 読書の腕前
  10. 人生が変わる読書術

ACTION READING

ACTION READING』はついついやってしまう「受け身の読書」から「積極的読書」へと意識を変えてくれる本です!

100冊読んでも変われない人から、1冊読んで変われる人に」をテーマに、

  1. 読みたくても本が読めない5つの理由
  2. なぜ、できる人は忙しくても本を読むのか
  3. できる人は忙しくてもどのように本を読んでいるのか
  4. 短い時間で、読んだ内容を身につける「集中読書術」
  5. できる人は、読んだ本をどう活かすか
  6. ムダな本で時間を費やさないために
『ACTION READING』より

このような章の構成になっています。

まずはこの1冊を読んで、自分の読書と理想の読書との違いを明確にしましょう!

東大読書

もともと「できる子」だった東大生たちには「当たり前」の読み方。

偏差値35で落ちこぼれだった僕がたどり着くまで、2年も浪人しました。

でも、だからこそ誰よりも、この読書術の「やり方」と「すごさ」がわかります。>

本書ではそれをあますことなくご紹介します。

著者 西岡壱成『東大読書』より

苦労して東大に入学した著者・西岡壱成さんが感じた、東大生ならではの本の読み方を紹介した『東大読書

  1. 「読み込む力」を劇的に上げる…仮説作り
  2. 「論理の流れ」がクリアに見える…取材読み
  3. 「一言で説明する力」を鍛える…整理読み
  4. 「多面的なモノの見方」を身につける…検証読み
  5. 「ずっと覚えている」ことができる…議論読み
『ACTION READING』より

内容的には後ほど紹介するDaiGoさんの『知識を操る超読書術』と似たところがありました。

また、Amazonで読書法と検索すると最初に出てくるほど、有名な本です!

クロ

日本トップの東大生が行う読書法が知りたい!

こんな方はぜひ本書『東大読書』を手に取ってみてください。

▼漫画版が読みたい方はこちら

すべての知識を20字でまとめる

読書術本の中で最高峰のものだと思います。

僕はこの本で、

  • 読書の内容が覚えられない
  • いまいち何が伝えたかったのかわからない

と言った悩みが吹き飛びました。

なぜなら、私たちが学びを忘れてしまうのは

  1. 学びを消費してしまっているから
  2. 言葉や考えを鵜呑みにしているから
  3. 学んだ内容を短く要約していない
『すべての知識を20字字でまとめる』より

この3つが原因だということを知ったからです。

そして、この3つの原因をたった紙1枚で解決するという斬新な方法に出会い、僕は人生が変わりました。

大袈裟ではありません。

読書本に迷ったら、ぜひこの本だけは読んで欲しいです。

【書評】『すべての知識を「20字」でまとめる』で得た知識が有能すぎる

読書はアウトプットが99%

ただ読むだけでは読書ではない

そんなことを教えてくれるのがこの『読書はアウトプットが99%』です。

たくさん本を読む(インプット)している人は世の中にたくさんいますが、アウトプットまで行っている人はほとんどいません。

「話す」「書く」「行動する」…読後にこんなアウトプットをすることで、得られるリターンは10倍にも20倍にもなる。

『読書はアウトプットが99%』より

文字通り、読書はアウトプットが99%です。

レバレッジリーディング

レバレッジとは日本語で「てこ」を意味します。

つまり、このタイトルの意味は「てこ」のように少ない力で最大の力を発揮する読書術ということです。

  1. ビジネスパーソンの読書は、スポーツ選手にとっての練習だ
  2. 読書の「常識」を捨てよ
  3. 読書でその他大勢より突出せよ
『レバレッジ・リーディング』より

など、現代を生き抜くベンチャー社長からビジネスパーソンへのメッセージのような本です!

特に本書で紹介されている「カテゴリー読み」は読書の効果を最大化する魔法のような技術でした!

【書評】『レバレッジリーディング』 人生にレバレッジかけてこうや

読書について

この本は読書に対する本質を司った本です。

ショーペンハウアーが書いたもので、

本を読むとは、自分の頭ではなく、他人の頭で考えることことだ

『読書について』より

といったものや、

たくさん読んでいると、何み考えずに暇つぶしができて骨休みになるが、自分の頭で考える能力が次第に失われていく

『読書について』より

といった、読書だけしていても意味はなく、自分の頭で考えることの方が100倍重要だ。

と読書の本質を論じた本です。

「読書を頑張ろう!」と思っている人にはあまりおすすめできない上級本です。

ある程度、読書をするようになった方にはオススメなんですがね、、、

知識を操る超読書術

メンタリストDaiGoさんの本はどれをとっても良書です。

テレビで活躍している姿が有名ですが、実は超読書家で1日の読書数はなんと10冊〜20冊!

さすがに1日に10冊〜20冊はDaiGo領域ですが、本の内容は非常にシンプルで

  1. 第1章 読書にまつわる3つのフェイク
  2. 第2章 読書の質を高める3つの準備
  3. 第3章 理解力と記憶力を高める5つの読み方
  4. 第4章 知識を自在に操る3つのアウトプット
『知識を操る超読書術』より

と4章構成になっています。

そして、DaiGoさんから「読書」に関してメッセージです

記憶するだけでなく、理解すること、

自分の頭で考えること、そしてアウトプットまでを実践しているのが、私の「読書術」です。

頭に入れるだけなら、検索すれば出てくるのでGoogle先生に勝てないですよ。

著者 Daigoより

【書評】『知識を操る超読書術』これがDaiGo流読書

読んだら忘れない読書術

こちらはベストセラー、「アウトプット大全」や「インプット大全」を排出した樺沢紫苑先生が書かれた読書術本です。

精神科医ならではの、脳科学的な裏づけに基づいた読んだら忘れない読書術」を紹介しています。

  1. 第1章 なぜ、読書は必要なのか? 読書によって得られる8つのこと
  2. 第2章 「読んだら忘れない」精神科医の読書術 3つの基本
  3. 第3章 「読んだら忘れない」精神科医の読書術 2つのキーワード
  4. 第4章 「読んだら忘れない」精神科医の読書術 超実践編
  5. 第5章 「読んだら忘れない」精神科医の本の選択術
  6. 第6章 早く、安く、たくさん読める旧曲の電子書籍読書術
  7. 第7章 「読んだら忘れない」精神科医の本の買い方
  8. 第8章 精神科医がおすすめする珠玉の31冊
『読んだら忘れない読書術』より

読書術本の最初の本として、科学的に根拠のある「読んだら忘れない読書術」は間違いないです!

読書の腕前

読書の腕前』は読書本というよりは「読書×エッセイ」といった内容です。

寝ながら読む、歩いて読む、トイレでも読むし、風呂でも読む、バスでも読むし、、、

といった本に囲まれたまま一生を遂げたいという読書家ならではの思いを言語化した本です。

  1. 「男」の顔は読書がつくる
  2. 読書の「常識」を捨てよ
  3. ベストセラーは十年後、二十年後に読んだほうがおもしろい
  4. 本よりおもしろい「本の本」
『読書の腕前』より

など「本」というものを語り尽くした内容盛りだくさんで、読書家にはたまらない本です。

また「読書の腕前」はピースの又吉さんもオススメしていて、

一行読むごとに「共感」やら「発見」があり、ますます本が好きになりました。

本を愛する僕にとって、岡崎さんは偉大なる先輩です。

又吉直樹より

と語っています。

真の本好きなら絶対に共感できる内容になっています。

【書評】『読書の腕前』は読書家の領域 ピース又吉推薦!

人生が変わる読書術

こちらの本は「イラスト×文章」となっており、なんといっても読みやすいです!

そして、なんと、、、なんと、、、「1円」でした!

しかし、この本には注意点があり、読書術本の「最初」に読むには全然ダメです。
一方、読書術本の「まとめ」として読むには超優秀です。

どういうことかは読んでみればわかります!1円なんで!ぜひ。

読書術本に共通すること

読書術 本 共通
読書術 本 共通

どれも参考なる本ばかりですが、これらの読書術本に共通して書いてあったことをまとめました。

共通して書いてあった=かなり重要

ということです。

共通して書いてあったことは以下の5点です。

  1. 必ずアウトプットすること
  2. 多読、速読は必要ではない
  3. 目的を持って本を読むこと
  4. ベストセラー=良書とは限らない
  5. 多くのカテゴリーを読むことで、アイデアが生まれる

詳しくは別記事でまとめましたので、こちらをご覧ください。

読書術本に共通すること5選 年間100冊読む僕が解説します

僕なり本の読み方

僕なりの本の読み方
僕なりの本の読み方

そして、「これらの読書術本を読んでどうなったのか」僕なりの本の読み方を紹介します。

年間100冊ほど読みますが、ほとんどをこの読み方で読んでいます。

≫読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】

どの読書術本を読んだらいいかわからないという人は…

読書術 おすすめ 本 まとめ
読書術 おすすめ 本 まとめ

10冊も紹介されて「どれを読んだらいいかわからない!」という人は

  • 読書を始めたての方→すべての知識を20字でまとめる
  • 読書家の方→読書の腕前
  • まとめ本→人生が変わる読書術

がおすすめです!

まずはこの本を手に取って、読書LIFEを楽しみましょう!

スポンサーリンク




-読書術が学べる本
-

© 2021 shirablog Powered by AFFINGER5