読書記録・管理アプリは何がオススメ?【アウトプット前提で選ぶべき】

読書 管理 アプリどうやって本を読んでいいのかわからない

・読書の管理ができるアプリが知りたい
・アウトプット用読書アプリのおすすめは?
・とりあえず読書アプリ教えて!

このような疑問を解決します。

シロ
シロ

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!
シロの読書遍歴はブクログでご覧ください。

本記事の信頼性

事前に読書アプリを4つほど使ってみました。
その後、様々な観点から「どのアプリがいいか」を総合的に判断しました。

本記事の内容

・読書記録・管理アプリはアウトプット前提で選べ
・読書管理・記録アプリのメリット 3選
・読書管理・記録アプリの選び方
・もっと読書を極めたい方には

読んだ本をそのまま棚にしまっておくのは、なんかもったいない気がしますよね。

「スマホで読んだ本が確認できたらなあ…」

今回はそんな思いを実現する読書管理・記録アプリ」を4つほど紹介します!

この記事を読み終えたころには、さっそくひとつ読書アプリをダウンロードしていますよ。

さっそくオススメの読書アプリを選びたいという方はこちらへどうぞ!

スポンサーリンク

読書記録・管理アプリはアウトプット前提で選ぶべき

読書アプリ アウトプット
読書アプリ アウトプット

まず最初にお伝えしたいのは、読書管理・記録アプリはアウトプット用に選びましょうということです。

なぜなら、読書はアウトプットをしなければ、定着率がグーンと下がるからです。

もちろん「アウトプットとかいいから、単に読んだ本を管理したいだけ」というニーズがあることも把握してます。

そんな方には後ほど、ぴったりのオススメのアプリを後ほど紹介しますね。

ちなみにどれくらい定着率が下がるかというと、これくらいです。

ラーニング・ピラミッド
ラーニングピラミッド(出典)https://career-ed-lab.mycampus.jp/career-column/707/

なんと読んだだけではわずか10%…

これはヤバイです。
2時間、3時間かけて読んだ本の内容が10%しか定着しないなんてそんな、、、バカな、、、

しかし、アクティブラーニングと呼ばれるゾーンを見ると、定着率は50%から90%まで増加します。

…っということで読書アプリはアウトプットする前提で選んだ方がいいんです。

読書記録・管理アプリのメリット 3選

読書アプリ メリット
読書アプリ メリット

次に紹介するのは、「読書管理・記録アプリのここがスゴイ!」という内容です。

特徴は以下の通り。

  • アウトプットになる
  • 他の本と簡単に出会える
  • 積み上げてきたものが可視化できる
  • メリット①:アウトプットになる

    読書管理・記録アプリは良いアウトプットになります。

    つまり、「読書後にアウトプットしようぜ!」という目的を叶えてくれるわけです。

    ブクログ 例
    ブクログ 例

    こんな風に管理することで、

    ・読んだ本の内容を言語化することで定着率が高まる
    ・この本の内容を簡単に振り返ることができる
    ・後から見返した時も「そういえば、こんな風な内容だった!」とすぐ分かる

    まさにさきほどの「ラーニング・ピラミッド」のアクティブラーニングとよばれる行為をしているわけです。

    読書のアウトプットについては、読書後にアウトプットで効果抜群!おすすめの方法も4STEPで紹介の記事でさらに詳しく解説しています!

    メリット②:自分の知らない本と簡単に出会える

    また、アプリを使うことによって自分の知らない本にサクッと出会えます。

    どんな本がオススメなんかわからない

    これは読書をする方にとって永遠の悩みです。

    その点、読書アプリはおもしろい本をどんどんオススメしてくれます。(以下は読書アプリ「ブクログ」のオススメ本のページ)

    ブクログ オススメ 本
    ブクログ オススメ 本

    おもしろい本が見つかればその本を読む、そしてまた新しい本を…

    このように良い読書習慣も出来上がります。

    読みたい本を探す手間を省いてくれる読書アプリ、超有能です。

    スゴさ③:積み上げてきたものが可視化できる

    あとは、

    ・今までどんな本を読んできたか
    ・何冊読んできたか
    ・月にどれくらい本を読んでいるか

    などが視覚的に確認できることが良い点です。

    ブクログ 読み終わった本
    ブクログ 読み終わった本

    やっぱり人間、「頑張ってきた証拠」みたいなのは目に見えた方が嬉しいです。

    努力しても結果がでない(目に見えない)ことほどツライ時期はありません、、、

    パッとアプリを開けば、「おぉ。」となる。

    そんな読書アプリを使わない手はありません!

    読書記録・管理アプリの選び方

    読書アプリ 選び方
    読書アプリ 選び方

    それでは、読書アプリの素晴らしさがわかった上で、最高の読書アプリを選んでいきましょう。

    今回、アプリの判断基準として、

    ①アウトプットの場があるか
    ②使いやすいか
    ③デザインがいいか
    ④他の本と出会えるか

    の4つの観点から選びました。

    そして、その結果がこちらです!

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    4位:Readee

    ×

    3位:ビブリア

    ×

    2位:読書メーター

    1位:ブクログ

    それでは読書アプリのランキングの発表です!

    読書記録・管理アプリのおすすめランキング

    4位:Readee

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    4位:Readee

    ×

    うーん、、、、イマイチ

    どの点から見ても、「普通」です。
    これといった特徴もないですし、かと言って使いやすいかと言われても、、、

    一応あの「楽天」がリリースしていますが、
    まあ使う理由はないでしょう。

    Readeeがオススメの方

    いません

    Readee

    Readee

    Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

    3位:ビブリア

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    3位:ビブリア

    ×

    ビブリアが3位の理由は、

    ・Android版がないこと
    ・結局、読書メーターorブクログを使えばいいこと
    ・ほかの本が一切見つけられない

    ことです。

    ビブリア
    ビブリア

    このように詳細を見ようとすると「読書メーター」か「ブクログ」に誘導してくるんですよね。

    「じゃあそっち使うよってね。」

    とはいえ、純粋に「どんな本」を「どれくらい読んだか」だけを管理したい人にはオススメです。

    ビブリア
    ビブリア
    ビブリアがオススメの方

    ・「自分がどんな本を読んだか」だけ管理したい方
    ・どれくらい読んだかだけ確認したい方

    読書管理ビブリア

    読書管理ビブリア

    Keisuke Uchida無料posted withアプリーチ

    2位:読書メーター

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    2位:読書メーター

    正直、2位と1位は接戦です。最終的に好みで選べばいいと思います。

    2位の読書メーターの特徴は、

    ・タイムラインがおもしろい
    ・本の登録が少し手間
    ・本の登録に気づかいがある
    ・小説系

    です!

    タイムラインがおもしろい

    読書メーター タイムライン
    読書メーター タイムライン

    まずタイムラインがおもしろいのは

    ・話題の本について(話題)
    ・時系列順にバラバラ(みんなのつぶやき)
    ・自分が読んだ本についての他人の感想(共読)

    という3つのタイムラインがあることです。
    あと、タイムラインがシンプルで見やすいのもいいですね。

    本の登録が少し手間

    しかし、本の登録は少し手間です。

    検索→本を見つける→登録

    の流れなんですが、なにゆえ小説が多い!

    たとえば『沈黙のWebライティング』という本を探したいときに「沈黙」だけうつと、

    読書メーター 登録
    読書メーター 登録

    ご覧のようににまず小説がズラーっとでます。

    「本のタイトル全部打てば?」って話なんですが、ちょっと面倒です。

    本の登録に気づかいがある

    こちらをご覧ください。

    読書メーター 登録 ネタバレ
    読書メーター 登録 ネタバレ

    このように「ネタバレがあるよ!」というボタンがあります。

    これは他のアプリにはない機能でして、なかなか気が使われていると感じました。

    また、読んだ本をページ数まで表示するのも達成感アップにつながりますね。

    読書メーター 登録 ページ数
    読書メーター 登録 ページ数

    著者グラフなんかもあります。

    読書メーター 著者
    読書メーター 著者

    このようなデータは他人のデータも見られるので、自分と同じ著者を好きな人と出会えるかもしれませんね!

    総じて、小説系

    ・検索すると小説が出たり
    ・ネタバレがあることを知らせたり

    つまり小説を管理・記録したい人に向けられて作られていると感じました!

    ビジネス系を読む人にとっては1位のブクログのほうがオススメです。

    読書メーターがオススメの方

    ・小説をよく読む方

    読書メーター

    読書メーター

    DWANGO Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

    1位:ブクログ

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    1位:ブクログ

    第一位は僕も使ってるブクログ!

    ブクログの特徴は、

    ・無駄のないデザイン
    ・抜群の使いやすさ
    ・すぐに読みたい本が見つかる

    です!

    小説も読むけどビジネス書の方が読むという方には超おすすめです。

    無駄のないシンプルなデザイン

    ブクログ デザイン
    ブクログ デザイン
    ・自分とフォローした人の情報だけ流れるタイムライン
    ・無駄のない本棚
    ・しやすい本の登録

    ユーザーの視点に立って、使いやすさを追求した思いが滲み出ています!

    抜群の使いやすさ

    アプリを入れてすぐに使い方が理解できます。

    普段からアプリを使っている人なら「あぁ、こういう感じね。」と直感で使える使いやすさです。

    すぐに読みたい本が見つかる

    ブクログ 新しい本 出会い
    ブクログ 新しい本 出会い

    「話題の本」と「新刊情報」が確認できるのですぐに読みたい本が見つかります。

    さらに、話題の本は

    ・本全般
    ・漫画
    ・文庫
    ・月別
    ・マンガ大賞
    ・本屋大賞
    ・スタッフが最近読んだ本

    と分類されているので、めちゃくちゃおもしろいです。

    ブクログがオススメの人

    ・全員
    ・小説よりもビジネス書を読む人

    読書管理ブクログ - 本棚/読書記録

    読書管理ブクログ – 本棚/読書記録

    Booklog,Inc.無料posted withアプリーチ

    もっとアウトプットをして、読書の効果を最大化したい人は

    さらに読書
    さらに読書

    アプリだけのアウトプットよりも、本の書評を行うとさらに読書を最大化できます。

    1冊の本をうまくまとめられるようになったら、かなりの能力がつきます。

    本でも学び、アウトプットでも学び、そしてそれを繰り返す。

    ここまでしている人はそうそういません。
    他人と差を付けたい人は【本の書評が書けない】5分でできる本の書評のやり方を『桃太郎』で解説【テンプレ公開】の記事で書評の書き方を解説しているので、ぜひご覧ください。

    テンプレもついているので、簡単にできますよ。

    読書記録・管理アプリ:まとめ

    読書管理・記録アプリ まとめ まとめ まとめ
    読書管理・記録アプリ まとめ まとめ

    今回のまとめはこちら!

    アウトプット使いやすさデザイン他の本との出会い

    4位:Readee

    ×

    3位:ビブリア

    ×

    2位:読書メーター

    1位:ブクログ

    読書アプリは小説をたくさん読む人は「読書メーター」、ビジネス書をたくさん読む人は「ブクログ」がオススメです。

    読書アプリを使って、もっともっと読書を好きになりましょう!

    読書メーター

    読書メーター

    DWANGO Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

    読書管理ブクログ - 本棚/読書記録

    読書管理ブクログ – 本棚/読書記録

    Booklog,Inc.無料posted withアプリーチ

    読書を実際に始めたい人へ

    期間限定 500円で公開中

    本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

    ・本を読んでも生活が変わった実感がない
    ・とりあえずでしか読書をしていない
    ・どうやって本を選べばいいかわからない

    こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

    読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

    今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

    また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。


    質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

    結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

    今だけ500円で「結果の出る」読書法を手に入れる

    「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

    読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

    年間150冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

    僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

    読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました