読書の際に音読するメリット 5選【データ有 専門家監修】

読書 音読 メリット読書のメリットがわからない

・音読するメリットが知りたい
・音読のコツが知りたい
・注意点とかあるのかな?

今回はこのような疑問を解決します。

本記事の信頼性

信頼に値する専門家の意見やデータを集めながら解説しています。

本記事の内容

・音読とは
・読書の際に音読するメリット
・読書の際に音読するコツ
・読書の際に音読する注意点
・音読勉強法
・音読にオススメの本

この記事は読書の際に音読するメリットからそのコツまで当記事だけで明日から音読をしようと思えるように仕上げました。

本記事を読めば、なぜ読書の際に音読することが良いのかがわかります。

スポンサーリンク

音読とは

音読とは
音読とは
音読とは、自分が内容を理解しやすくすることを目的として声に出して読むことを言います。

同じく声に出して読む「朗読」とは以下の点で区別されます。

「朗読」は、正確・明晰・流暢に以下を加える。
ア 作品の価値を音声で表現すること
イ 作品の特性を音声で表現すること
 (読者の受け止めた作者の意図・作品の意味・場面の雰囲気・登場人物の性格や心情を)

(出典)文部科学省 7.音読 朗読

つまり、朗読は他の人のために作品を表現しながら読むことです。

まとめると、以下の通りとなります。

音読とは

・自分のために声に出す
・理解を助けるために声に出す

朗読とは

・他人のために声に出す
・作品の感情や情景を表現するために声に出す

読書の際に音読するメリット 5選

読書 音読 メリット
読書 音読 メリット

メリットは以下の通り。

①本の内容が理解しやすくなる
②コミュニケーション能力向上
③ストレス解消
④記憶力向上
⑤やる気が出るよ

読書の際に音読するメリット ①本の内容が理解しやすくなる

音読することで文章を正しくとらえることができます。

なぜなら、黙読では読み流してしまう文も、音読すると気になって考えるようになるからです。

東京大学先端科学技術研究センター講師の髙橋麻衣子氏も、

音読の構音運動が理解を支える

東京大学先端科学技術研究センター講師の髙橋麻衣子氏より

として、音読は文章の理解を助けると述べています。

また、黙読だと

黙読の脳の使い方

①文字を読む
②頭の中で文字を音声に変換
③音声の意味を捉える
④理解する

という脳の働きに対して、音読することによって

音読の脳の使い方

①音声の意味を捉える
②理解する

といった、黙読の際にしていた①②の脳の使い方を除いた、コスパの良い脳の使い方になるのも理由のひとつです。

そのため、最近はaudibleのような「音声読書」が流行っているわけです。

読書の際に音読するメリット ②コミュニケーション能力向上

音読によって脳の前頭葉が鍛えられます。
前頭葉は人と円滑なコミュニケーションを取るための機能を備えています。

また、音読することで「発声」自体に慣れることもコミュニケーション能力上昇に関わっています。

音読すると、本の内容が理解しやすくなりコミュニケーションも上昇する。

シロ
シロ

なんだか音読はとてもすごそうってわかってきましたね。

読書の際に音読するメリット ③ストレス解消

精神科医の樺沢紫苑氏によると、音読によってセロトニンが分泌されます。
このセロトニンが活性化されると、心が落ち着いてリラックスした状態になるのだそうです。

樺沢紫苑氏より

また、6分の読書だけでも68%ものストレス解消効果があるという研究結果も出ています。

読書 ストレス解消 データ
読書 ストレス解消 データ

「読書×音読」は無敵ですね。

上記のような読書の様々なデータは、読書のメリットをデータで分析してみた【読書は本当に役に立つのか】の記事で紹介しています。

読書の際に音読するメリット ④記憶力向上

音読は、本の内容の記憶向上にも効果があります。

これは音読で、前頭葉が強化されるからです。

小学生を対象にして音読を2分間させた後、記憶力や空間認知力を見るテストでは、音読をしなかった場合に比べると20~30%も記憶力や空間認知力が増加したという実験もあります。

脳の入出力という視点で音読と黙読を考える – るいネット

小学校の時の音読は、割とバカにならない時間だったようですねw

さらに本の内容を記憶しやすくなる読み方は読書の記憶を定着させる6つの本の読み方【応用可能】の記事でも紹介しています。

読書の際に音読するメリット ⑤やる気が出るよ

音読は「ダルさ」から解放してくれます。

これは作業興奮と言って、やり始めたらやる気が出るという心理効果が働くからです。

×やる気が出たらやる
〇やるからやる気がでる

なんですね。

あー。耳が痛い。

読書で音読の上手くするコツ 5つ

読書 音読 コツ
読書 音読 コツ

次に音読を上手く行うコツを5つ紹介します。

コツ①毎朝10分以上継続する
コツ②速い速度で読む
コツ③違う文章を読む
コツ④イメージできるとさらにいい!
コツ⑤感情を込めてやろう

コツ①毎朝10分以上継続する

音読を10分以上することで、脳が活性化します。

そのため、まだ脳が働いていない朝に音読をすると効果が感じられやすいですよ。

効果が出ないものは続けにくいのは明らかなので、効果の出やすい「朝」の時間帯に音読を行うことをお勧めします。

コツ②速い速度で読む

速い速度で読むことも「脳の活性化」のためです。

・常に読む文章の先を目で追いながら
・目線は斜めに
・ゴニョゴニョ言わずに

やるといいです。

読書 目の使い方
読書 目の使い方

遅いより速い方が脳が活性化するのは想像通りです。

コツ③違う文章を読む

同じ文章に慣れてしまうと、音読の効果が下がってしまいます。

同じ問題を解くときって、初見の時より脳の負担が違うと感じませんか?

原理はこれと一緒です。
効果を実感したかったら、なるべく違う文章を読みましょう!

コツ④イメージできるとさらにいい!

言語は左脳、イメージは右脳を使います。

自分が音読している文章を想像できたらかなりすごいです。

・速く読みながら
・文章を理解して
・イメージできる

かっこいいですね。

ですが、難しいので最終レベルだと思ってください!

コツ⑤感情を込めてやろう

感情を込めて音読すると、より理解力があがり、記憶力の向上にも効果があります。

つまりこちらも、効果がでて続きやすいです。

目に見える結果がないと、人間すぐ挫折してしまいますからね。

シロ
シロ

ここまでで、読書の際に音読するメリットとそのコツがわかったね!
次は注意点を紹介するよ!

読書の音読の注意点 3つ

読書 音読 注意点
読書 音読 注意点

注意点は以下の3つです!

注意①人がいない場所でやろう
注意②背伸びしない
注意③紙の本がおすすめ

注意①人がいない場所でやろう

ブツブツブツブツ言ってる人はちょっと、、

周りの目も気にしてしまい、音読を十二分にできないので、人がいない場所で行いましょう。

まあ、気にならない人はいいですけどねw

注意②背伸びしない

難しい言葉、文章、そして長い本は100%挫折します。

最初はむしろレベルは低いぐらいでいいです。
もう『桃太郎』ぐらいで大丈夫です。

最初から2段飛ばしはいけません。1段つ着実にです。

注意③紙の本がおすすめ

脳は刺激が多いほど記憶力を向上させます。

手触り、におい、音、重さ、色、その他いろいろな情報が脳にインプットされ、読んでいる本と関連付けがされるからです。

香水の匂いで景色を思いだすなんてこともあるほど、人間の五感と記憶は関係しています。

そのため、電子書籍にも良い点はありますが、「音読」するなら紙の本1択です。

音読勉強法

読書 音読 勉強
読書 音読 勉強

そして音読はなにも、読書に限らず、勉強にも応用することができます。

なぜなら、音読の効果で紹介した

・理解力を高める
・記憶力の向上
・やる気がでる

これらのことは、勉強することにおいても役に立つからです。

音読は読書にも、勉強にも使える超優秀なツールといえます。

音読におすすめの文章

読書 音読 オススメ 文章
読書 音読 オススメ 文章

最後に音読するのにおすすめの文章を2つ紹介します。

声に出して読みたい日本語

まずは、本を音読するなら『声に出して読みたい日本語』です。タイトル通りですね。

英語の長文

また、音読の効果を勉強でも試したい方には、英語の長文を読むことがオススメです。

もちろんただ読むだけでなく、「音読するコツ」のところで紹介した

音読のコツ

コツ①毎朝10分以上継続する
コツ②速い速度で読む
コツ③違う文章を読む
コツ④イメージできるとさらにいい!
コツ⑤感情を込めてやろう

を意識して行ってくださいね!

読書で音読するメリット:まとめ

読書 音読 メリット まとめ
読書 音読 メリット まとめ

今回の内容をまとめます。

読書音読のメリット

①本の内容が理解しやすくなる
②コミュニケーション能力向上
③ストレス解消
④記憶力向上
⑤やる気が出るよ

音読は翌日には効果がでます。

場所と本とやる気さえあればすぐにできます。
これだけメリットある音読をやらないのはもったいないです。

10分とはいわず、2分でもいいので始めてみましょう。(作業興奮が働くかも、、、)

読書を実際に始めたい人へ

期間限定 500円で公開中

本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

・本を読んでも生活が変わった実感がない
・とりあえずでしか読書をしていない
・どうやって本を選べばいいかわからない

こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。


質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

今だけ500円で「結果の出る」読書法を手に入れる

「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

年間150冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

また読書のあらゆるメリットを以下の記事でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました