本を読む時間がない人が今すぐ試せるたったひとつの方法

本 読む時間 ない読書が苦手、なんのためにやるのかわからない
シロ
シロ

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

クロ
クロ

・本を読みたくても読む時間がない
・どうやって読書時間を確保すればいいかわからない
・時間が足りない、、、

今回はこのような疑問を解決します。

本記事の信頼性

当ブログの運営者シロは年間150冊くらい本を読む者です
≫シロの読書遍歴はブクログでご覧ください。

本記事の内容

・本を読む時間がない人が今すぐできるたったひとつの方法
・読書時間を生みだすために何をしたらいいのか
・オマケ:モチベーションアップ

この記事では、本を読みたくても読む時間がない人に向けてその解決策を紹介します。

前半でサクッと結論を、後半ではそのためにどうすればいいのかを解説。

本記事を読むことによって、自分が本を読む時間がない原因とその解決策がわかります。

スポンサーリンク

結論:読書に対する考え方を変えよう

読書に対する考え方
読書に対する考え方
・読書ってした方がいいよなー
・でも時間ないなー
・読むの疲れるしなー

このような考えから、

読書は「成長し続ける上で必要だから読もう」という考え方に意識を変えます。
なぜなら、必要ならば自然と読書をする時間が増えるからです。

たとえば、どんなに忙しくても「毎日食べること」はかかさないですよね?

読書を「食べること」や、「寝ること」と同じ位置づけにしてしまいましょう。
「あぁー?読書?ま、いっか」ではいつまで経っても、読書ができません。

その証拠が現在のあなたです。

「読書は生活に必要不可欠なもの」思うだけでも、読書に対する姿勢がかなり変わるはずです。

読書の優先度を上げるためにはどうするか

本 読む 時間を生み出す
本 読む 時間を生み出す
クロ
クロ

いやいや、そんな急に意識高いこと言われてもw
それができたら困ってないんだよね、、、

という方のために、読書の優先度をあげるための具体的な方法について紹介します。

読書の優先度を上げるのは、以下の3STEPでできます。

  • STEP1
    STEP1:基本的な1日のスケジュールを書き出す
    どんな生活をしているのか把握しよう
  • STEP2
    STEP2:どこか読書できる時間がないか?もしくは調整できるところはないか?を考える
    1日の中で必ず無駄な時間があるはず、見直してみよう
  • STEP3
    STEP3:読書習慣をつくる
    読書の始まり!スケジュールを見直して時間をみつければ読書はできる
シロ
シロ

この記事を読み終えたら、ぜひやってくださいね!
やらないと何も変わんないですから!

STEP1:基本的な1日のスケジュールを書き出す

  1. STEP1:スケジュールを「書き」だす
  2. STEP2:どこに読書の時間があるか把握する
  3. STEP3:読書習慣をつくる
まずは自分が24時間をどう使っているのか振り返ります。

なぜなら自分の予定を振り返ることによって、今の時間の使い方がわかるからです。

そして、ポイントはしっかり「書き出す」こと。

可視化することによって、脳がクリアな状態で考えることができます。
頭の中だけで振り返るのは絶対にNGです。

シロの1日

STEP2:どこか読書できる時間がないか?もしくは調整できるところはないか考える

  1. STEP1:スケジュールを「書き」だす
  2. STEP2:どこに読書の時間があるか把握する
  3. STEP3:読書習慣をつくる
・朝、家を出るまでの時間
・通勤・通学時間
・昼休み
・帰宅後から寝る前まで

1日の使い方を振り返ってみると、どこかしら読書ができそうな時間が必ずみつかります。

ここで、読書は「食べること」や「寝ること」と同じ優先度だということを忘れないように。

削れる時間は削って、自分はどこに時間が余っているのか把握しましょう。

ただし、睡眠を削ってまで読書するのはかえって非効率になるので避けましょう。

そして読書ができそうな時間がわかったら、読書時間を組み込んだスケジュールを書いてみましょう!

STEP3:読書習慣をつくる

  1. STEP1:スケジュールを「書き」だす
  2. STEP2:どこに読書の時間があるか把握する
  3. STEP3:読書習慣をつくる
自分の1日のスケジュールを振り返って、どこに時間があるかを把握したら必ずその時間に読書をしましょう。

人によって読書にとれる時間は違うので、1日10分でも5分でも構いません。

その上で歯磨きをするように読書をする習慣を作り上げましょう。

一般的に習慣になるには66日が必要であるという研究結果がでています。

約2ヶ月間意識すれば、自然と読書ができるようになっていますよ!

本を読む時間を作る際の注意点

本を読む時間を作る際 注意点
本を読む時間を作る際 注意点

…っとここで、だいぶ前のめりになってきたので、本を読む時間ををつくる上での注意点を4つほど紹介します。

  • 毎日読むこと=習慣ではない
  • 本を読むまでに「めんどくささ」をつくらない
  • 自分の読書を「可視化」する
  • できない探しをしない

注意点①毎日読むこと=習慣ではない

とはいえ、できなかった日はできなかったでいいので、とにかく無理のない範囲で続けましょう。

「必ず」とか「絶対」とかいう言葉を使ってきましたが、実際はもっと気楽で大丈夫です。
「やらなきゃ、やらなきゃ」と思うと続かなくなるからです。

週に3日しか本を読める時間がないなら、週3日でいいと思います

また、サボってしまった自分を責めないでください。
その日はもう終わり。次の日、次の日。

注意点②本を読むまでに「めんどくささ」をつくらない

習慣をつくる上で重要なのは、決めた時間にとにかく本を読み続けること。

にもかかわらず本を忘れてしまったり、荷物の奥底に本があるようではめんどくさくなってしまいます。

毎日のめんどくさいが積み重なると、どんどん読書が離れるハメに。

そこで電子書籍を取り入れてみることを検討してみてください。

・携帯なら忘れる心配がないし、
・空いた時間にサクッと
・いつでもどこでも

読めちゃいます。

また、下手に1500円のビジネス書を読むくらいなら月額980円の電子書籍の方が普通にお得です。

注意点③自分の読書を「可視化」する

ブクログ 読み終わった本
ブクログ 読み終わった本

僕もやっていますが、自分が読んだ本をアプリで記録するといいですよ。

▼僕が使っているのはブクログです

読書管理ブクログ - 本棚/読書記録

読書管理ブクログ – 本棚/読書記録

Booklog,Inc.無料posted withアプリーチ

・モチベーションアップ
・自分の努力が数字でわかる(逆に言えばサボり具合も)
・何を読んだかがわかる

以上の理由からです。

合わせて感想まで書いておくとベストです。

読書アプリについては読書記録・管理アプリは何がオススメ?【アウトプット前提で選ぶべき】の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

注意点④できない探しをしない

最も重要なことですが、できない理由を探し始めてはいけません

なぜなら、できない理由ならいくらでも見つかるからです。

・授業が忙しい
・本を読む時間がない
・子どもの世話が大変すぎる

それよりも「どうやったらできるようになるか」を考えるほうが100倍重要です。

時間がないけど、どうやったら本を読む時間がとれるのか。

このマインドセットこそが時間を生み出すのです。

読書へのモチベーションアップ

最後に今後の読書のモチベーションが上がるよう、読書のメリットを3つ紹介します。

読書量が多い人ほど、年収が高い

読書 年収 データ
読書 年収 データ (出典)https://www.google.co.jp/amp/s/sirabee.com/2016/04/04/103393/amp/

これは、「読書量と年収の関係を表したデータ」です。

ご覧のように、読書量が増えるにつれて年収が上がっているのがわかります。

特に1000万〜からのデータは「まさにっ!」という感じですね。

読書をすれば必ずしも年収が上がるとはいいませんが、年収が高い人は読書をかなりしているというのは事実です。

さらに読書と関係のあるデータを知りたい方は読書のメリットをデータで分析してみた【読書は本当に役に立つのか】で解説しているので、ぜひご覧ください。

仕事や日常のヒントが見つかる

本に書いてあることは仕事や日常のヒントを与えてくれます。

そして、ヒントを知ると成果がでます。

「PRTIMES」が行った1000万プレイヤーについての調査よると、

1,000 万円プレイヤーは63.4%、平均年収層は55.4%となり、1,000万円プレイヤーの方が本を読む習慣のある人が多い結果となりました

(出典)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000049018.html

とのことです。

年収 読書量
年収 読書量(出典)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000049018.html

やはり読書で知識を得て、それを仕事に生かしている人が稼いでいるようですね。

脳が活性化する

読書中に「この文章は何を伝えたいんだろう」と考えることが、脳の活性化につながります。

医学博士の川島隆太教授によると、

本の黙読により、視覚情報を処理する「後頭葉」や思考・創造性に関わる「前頭前野」など、脳のさまざまな部位が活性化する

とのことです。

つまり、読書をすれば頭がどんどんよくなっていくということです。

このような読書のメリットについては読書で得られるメリット 11選【ほとんど知られていない】の記事でさらに詳しく解説しています。

本を読む時間がない:まとめ

本 読む 時間がない まとめ
本 読む 時間がない まとめ

今回の記事をもう一度振り返ります。

  • 結論:読書の優先度を「食」「寝」レベルまで上げる
  • STEP1:スケジュールを「書き」だす
  • STEP2:自分の習慣のどこに読書の時間があるか把握する
  • STEP3:読書習慣をつくる

また、習慣づくりのための「電子書籍」「アプリ」の活用も賢い選択です。

読書をする時間がないというのは、単に「読書の優先度」が低くなっていることが原因のほとんどです。

超多忙と言われるマッキンゼーの人でも月に2、3冊は本を読むそうです。
それくらいやろうと思えばできるもの。

まずは「意識改革」そして、年収UP!!!

読書を実際に始めたい人へ

期間限定 500円で公開中

本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

・本を読んでも生活が変わった実感がない
・とりあえずでしか読書をしていない
・どうやって本を選べばいいかわからない

こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。


質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

今だけ500円で「結果の出る」読書法を手に入れる

「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

年間150冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

また読書のあらゆる悩みを以下の記事でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました