読書術が学べる本

【書評】『知識を操る超読書術』これがDaiGo流読書

2020-10-12

知識を操る超読書術 書評

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

シロ
クロ
  • そもそもどうやって本を読んだらいいのかわからない
  • 本の内容が覚えられない

今回はこのような悩みを解決します。

『知識を操る超読書術』はこのような悩みを解決してくれる本でした。

はりきって読書をしたものの、読み終わった後に残ったのは満足感だけ。

この本を読む前の僕はまさにこの状態でした。

なぜこのような状態だったのか。
それは、そもそも本の「正しい」読み方を知らなかったからです。

本書は本はこうやって読むんだということを教えてくれます。
この本に出会わなかったら、間違った読書を続けるところでした。

この本を読んでわかること

  • どのように本を読めばいいか
  • 効果的なテクニック

さっそく内容に!といきたいところですが、

『知識を操る超読書術』は、はっきり言って短くまとめられる内容ではなかったです。

  1. 第1章 読書にまつわる3つのフェイク
  2. 第2章 読書の質を高める3つの準備
  3. 第3章 理解力と記憶力を高める5つの読み方
  4. 第4章 知識を自在に操る3つのアウトプット
『知識を操る超読書術』より

このように、章ごとが独立していて、ぶっちゃけ全て重要でした。

しかし、まとめられません。では、失礼なので、本当に重要だと思うところだけまとめてみました!

DaiGoさん、構成がうますぎです!
シロ

本から得た知識をアウトプットできるかどうかは〇〇が7割

本から得た知識をアウトプットできるかは「本を読む準備」が7割です。

なぜなら、ほとんどの人が本をいきなり読み出してしまうからです。

なんとなーく、1ページ目から読んでしまう人と、「なぜ自分はこの本を読むのか」「この本から何を得たいか」を考えている人とでは、かなりの差がつきます。

では、準備とは?

本を読むための準備はメンタルマップです。

メンタルマップとは、自分の人生の目標や行動を箇条書きにして、視覚化したもの。

具体的にどう使うかというと、

  • なぜこの本を読もうと思ったのか
  • この本から何を得たいのか
  • 読んだ後、どういう状態になりたいのか

この3つを書き出したメモを「しおり」にします。

メンタルマップの効果は、読んでいる最中に、「この目的があって読んだんだ!」と本への興味や、集中力が戻ってくることです。

思いつかない場合は目次を見てからでもOK

とは言っても、すぐに上記の3点が思いつかない場合は、本の目次を見て、気になった章をヒントにしましょう。

例えば『影響力の武器』という本で、

  • 第2章:返報性ー昔からある『ギブ・アンド・テイク』だが
  • 第7章:希少性ーわずかなものについての法則
  • 第8章:手っとり早い影響力ー自動化された時代の原始的な承諾

の3章が気になったとします。
これをヒントにすると、

  • なぜこの本を読もうと思ったのか →心理学を学んで営業成績を上げたい
  • この本から何を得たいのか →返報性や希少性を学び、日常では接する機会のない人たちとの人脈を広げたい
  • 読んだ後、どういう状態になりたいのか →職場の同期たちの心理を読み取り、人間関係で優位に立ちたい

となります。

自分が気になった目次=求めているものなので、目次も有効活用しましょう。

本の内容が記憶できるテクニック

以下の2つです。

  1. 著者と対話しているイメージで読む
  2. 見出しから内容を予想して読む

著者と対話しているイメージで読む

読書よりも会話のほうが内容が覚えやすいです。

なぜなら、会話には「感情」がのっているからです。

本には必ず著者のプロフィールが載っています。
そのため、そのプロフィールを見て、作者を想像し、会話をしているイメージで読書をしましょう。

しっかりとイメージすれば、感情が乗るので、本の内容が覚えやすくなります。

見出しから内容を予想して読む

これは、キュリオシティギャップと言います。

つまりは、好奇心とのギャップ。
人は思っていることと「違う」とその内容を覚えやすいです。

勉強で言うと、1度間違った問題ほどわたしたちは覚えています。

これを読書に応用すると、目次からその章の内容を予想します。

そして、実際に読み進めるうちに「予想した内容」と「実際の内容」を比べるだけです。

知識を操る超読書術:まとめ

知識を操る超読書術 まとめ
知識を操る超読書術 まとめ

今回の内容を振り返ります。

  1. 本は準備で7割決まる
  2. 読書は著者と対話しながら読む
  3. 内容を予想してから読む

冒頭に述べたとおり、これは『知識を操る超読書術』の一部分です。

全ての内容が有益すぎて、1冊の本で既に、まとめのような出来です。

本書の他の内容<

  • 「速読」「多読」「選書」の嘘
  • 読書の質を高める他の2つの準備
  • 理解力と記憶力を高める5つの読み方
  • 知識を自在に操る3つのアウトプット

この記事だけではもの足りないと思うので、本書で確認してみることをオススメします。

▼読書術本のまとめ記事

読書術本おすすめ10冊!年間100冊読む大学生が紹介

スポンサーリンク




-読書術が学べる本

© 2021 shirablog Powered by AFFINGER5