読書

電子書籍のメリット・デメリットをまとめた【紙にはない】

2020-10-23

電子書籍 メリット デメリット

こんにちは!当ブログを運営しているシロ(@4robook)です!

シロ
クロ
  • 電子書籍が流行ってるみたいだけど、改めて電子書籍で読むメリットって?
  • 逆にデメリットも知りたいな

今回はこのような悩みを解決します。

本記事の信頼性

実際にkindle unlimitedという電子書籍サービスを4ヵ月ほど継続中です。

本記事の内容

step
1
電子書籍の利用率と市場規模

step
2
電子書籍のメリット 8つ

step
3
電子書籍のデメリット 6つ

step
4
紙の本のメリット・デメリット

step
5
電子書籍と紙の本に関する様々なデータ

step
6
電子書籍の活用法

前半でメリットとデメリットについて、後半では電子書籍のおすすめの活用法について紹介します。

本記事を読むことによって、電子書籍がこれほどまでに流行る理由とその活用法がわかります。

目次

電子書籍ユーザーと市場規模

 
電子書籍
電子書籍

メリットを紹介する前に、現在どのくらいまで電子書籍は普及しているのでしょうか。

電車などでは、電子書籍を利用している人が増えてきたようにも思いますが、実際のデータで見てみましょう!

電子書籍の利用率

下記は「ちるちる」が2019年に実施した電子書籍利用率に関するデータです。

電子書籍 利用率 データ
電子書籍 利用率 データ (出典)ちるちる

およそ70%の人が電子書籍を利用しているとのことで、電子書籍の普及率はかなり高まっているようです。

電子書籍 利用率 データ
電子書籍 利用率 データ (出典)ちるちる
電子書籍 利用率 データ
電子書籍 利用率 データ (出典)ちるちる

しかし上記の2つのデータを見ると、普及率こそ高まっているものの、人気度でいえばやはり紙のほうが高いことがわかります。

電子書籍と紙の本が併存している状況ですね。

電子書籍の市場規模

出版市場 紙+電子
出版市場 紙+電子 (出典)公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所

こちらは2019年に公益社団法人 全国出版協会・出版科学研究所が発表した出版市場のグラフです。

ご覧のとおり、紙の出版市場は低下し、電子書籍の出版市場が高まっていることが分かります。

昨年と比べてみても、電子書籍出版市場はどんどん規模を広げています。

これからも電子書籍はもっと広がっていくでしょう!
まだ電子書籍を利用したことのない人は、この記事で電子書籍の使用を検討してみてください。

電子書籍のメリット 8選

電子書籍 メリット
電子書籍 メリット
良い事
  • かさばらないから持ち運びに便利
  • 購入したらいつでもどこでも読める
  • ハイライト機能(付箋的な)で情報が整理できる
  • 字の大きさでやる気アップ
  • わからない単語を2秒で調べられる
  • iPhoneでもiPadでも同期して読める
  • 読み放題サービスが利用できる
  • 毎月1冊無料で本を読める(条件あり)
悪い事
  • 早く読むことには向いてない
  • 貸せない・売れない
  • もちろん充電が必要
  • 本を揃える楽しみが失われる
  • 最初は操作慣れが必要
  • 目に悪い

それでは、電子書籍のメリット8つ紹介させていただきます。

  1. かさばらないから持ち運びに便利
  2. 購入したらいつでもどこでも読める
  3. ハイライト機能(付箋的な)で情報が整理できる
  4. 字の大きさでやる気アップ
  5. わからない単語を2秒で調べられる
  6. iPhoneでもiPadでも同期して読める
  7. 読み放題サービスが利用できる
  8. 毎月1冊無料で本を読める(条件あり)

メリット①かさばらないから持ち運びに便利

電子書籍にすると、スマホやタブレットひとつで読めるので、かさばりません。

なぜなら、

  • 折れたり
  • 取り出しずらかったり
  • 余計な荷物(本)がいらなかったり

と、紙の本で煩わしかった点が見事に解決するからです。

普段からお出掛けの際は「スマホと財布だけ!」なんて方には持ってこいですね。

メリット②購入したらいつでもどこでも読める

電子書籍は買った瞬間からいつでもどこでも読むことができます。

  • 本の到着を待ったり
  • 買いに行く必要もなく
  • 人目を気にしたりせず

読書ができます。

生産性を普段から気にする人はとにかく効率のよい電子書籍がオススメ。

メリット③ハイライト機能(付箋的な)で情報が整理できる

電子書籍では、付箋を貼るようなハイライトという機能が使えます。

電子書籍 ハイライト 機能
電子書籍 ハイライト 機能

わざわざ付箋を貼らなくても重要な部分にマーカーをしておけます。
また、本を汚したくない人が多いので、この機能はかなり人気です。

さらにマーカーを引いた部分は、一覧で見ることができるので、

電子書籍 ハイライト 一覧
電子書籍 ハイライト 一覧

後で「どんな内容が書いてあったっけ?」という時の確認にも非常に便利です。

メリット④字の大きさでやる気アップ

電子書籍では、字の大きさを変えることでやる気がアップさせることができます。

こちらの2枚の写真を見比べてください。

電子書籍 字の大きさ 変更

もちろん本全体のページ数は変わりませんが、

  • 文字を大きくすれば1pあたりの分量は少なくなる。(全体のページ数は多くなる)
  • 文字を小さくすれば1pあたりの分量は多くなる。(全体のページ数は少なくなる)

といったように、自分の読みやすいように調整ができます。

300ページを100ページ分に調整したり、これは紙では絶対にできないことです。

メリット⑤わからない単語を2秒で調べられる

電子書籍では、わからない単語を長押しすると意味を解説してくれます。

電子書籍 意味 解説
電子書籍 意味 解説

本では難しい言葉が使われている場合が多いです。

「そんなん読み飛ばせばいい」という方はオッケーですが、気になっちゃう人にはありがたい機能です。

メリット⑥iPhoneでもiPadでも同期して読める

一度ダウンロードした書籍は複数の端末で見ることができます。

kindleでは最大6つの端末まで同期して見ることができます。

  • 家ではタブレットで
  • 外出先ではスマホで

なんていう読み方も可能!

電子書籍なら、わざわざ本を持ち運ぶ必要もなければ、使い分けも可能です。

メリット⑦読み放題サービスが利用できる

  • kindle unlimited
  • 楽天マガジン
  • dマガジン
  • ブックパス

などの読み放題サービスが利用できます。

これは「本の在庫が要らない」という電子書籍の強みを生かしたサービスですね。

100冊買っても管理は端末1つです!

kindle unlimitedのメリット・デメリット総まとめ【4ヵ月使った感想】

メリット⑧毎月1冊無料で本を読める(条件あり)

  • kindle端末である
  • アマゾンプライムに加入している

この2つの条件を満たせば、毎月1冊本が無料で読めます。

もっともkindle端末は1万円を超えてくるので、1冊1000円とすると、元をとるのは、、、

「10ヵ月くらい」ですね。

とはいえ、筆者である私は利用していません。

電子書籍はそもそも紙の本より少し安いからです。

電子書籍 紙の本 安い
電子書籍 紙の本 安い

理由は紙もいらないし、印刷する手間もないからです。

そもそも安いし、おトクだから、わざわざ端末まで買う必要はないかなと。

…ということで「iPhoneXS」と「iPad」で読んでます。

電子書籍のデメリット 6選

電子書籍 デメリット
電子書籍 デメリット
良い事
  • かさばらないから持ち運びに便利
  • 購入したらいつでもどこでも読める
  • ハイライト機能(付箋的な)で情報が整理できる
  • 字の大きさでやる気アップ
  • わからない単語を2秒で調べられる
  • iPhoneでもiPadでも同期して読める
  • 読み放題サービスが利用できる
  • 毎月1冊無料で本を読める(条件あり)
悪い事
  • 早く読むことには向いてない
  • 貸せない・売れない
  • もちろん充電が必要
  • 本を揃える楽しみが失われる
  • 最初は操作慣れが必要
  • 目に悪い

続いて、電子書籍のデメリットは以下の6つです。

  1. 早く読むことには向いてない
  2. 貸せない・売れない
  3. もちろん充電が必要
  4. 本を揃える楽しみが失われる
  5. 最初は操作慣れが必要
  6. 目に悪い

デメリット①早く読むことには向いてない

早く読もうと思ったら、電子書籍は向いていません。

なぜなら、電子書籍だとパラパラパラッと本をめくれないからです。

1枚1枚ページをスワイプしていくか、一気にページを飛ばすかのどちらかしかできません。

たとえば、本の158ページを開きたいなんて時は、

  • 1ページずつめくっていくか
  • なるべく近くまで飛んで、1ページずつめくるか

で、時間がかかります。

目次ごとに飛ぶ機能もありますが、これでも紙の速さには勝てません。

デメリット②貸せない・売れない

紙の本なら「はい、どうぞ」と貸せたり、売れたりしますが、電子書籍は不可能です。

端末ごと貸せば可能ですが、それは本を貸すというより、もはや端末を貸してます。(笑)

あとは当然、データなので売ることはできません。

「電子版」だと安いと言えば安いですが、売った時のことを考えたら「紙の本」のほうがおトクかも。

デメリット③もちろん充電が必要

「電子」なので充電が必要です。

「あと20%しかねえ!」とか

「どこでも読めるのはいいけど、本読んでたら充電なくなるぅ!」

という事態が発生します。

モバイルバッテリーを携帯するとなると結局、荷物が増えることに、、、

デメリット④本を揃える楽しみが失われる

男特有かもしれませんが、読んだ本が本棚に貯まる感覚はたまんねぇです。

電子書籍だと確かに管理は端末1つですが、この感覚が味わえないとなると、、、

また、アプリを使えば、端末でも「たまっていく感じ」は味わえるんですよね。

シロ 読んだ本 ブクログ
シロ 読んだ本 ブクログ

本を管理するアプリについては読書アウトプットアプリは何がオススメ?【管理・記録用に】の記事で詳しく紹介しています。

デメリット⑤最初は操作慣れが必要

なんでもそうですが、デジタルのものは最初は手間がかかります。

たとえば、iPadで絵を描くなんていった時には、最初はもうわけわかんなかったです(泣)

一方、紙の本なら「操作」なんてことを考えなくていいですよね。

操作慣れする段階でめんどくさくなってしまう人もいるようです。

デメリット⑥目に悪い

ブルーライトですね。

正確に言えば、スマホのライトが生活習慣に悪影響を及ぼすだけで、視力が悪くなるといった「目」自体への影響は解明されていません。

とはいえ、浅い眠りになる原因となることは確かです。

いずれも「紙の本」よりは人体に悪影響を及ぼすことは間違いないでしょう。

紙の本のメリット・デメリット

紙の本 メリット デメリット
紙の本 メリット デメリット

続いて、紙の本のメリット・デメリットは以下の通りです。

良い事
  • 読んでいる実感、読了感が得られる
  • 売れる、貸せる
  • インテリアとしても使える
  • 書き込み、ドッグイヤーなどが自由にできる
  • 記憶に残りやすい
悪い事
  • 汚れ、紛失の可能性
  • 場所を取る
  • 購入してから読むまでに時間がかかる
  • 検索機能が使えない

電子書籍にないメリットを紙の本は持っています。

紙の本のメリット・デメリットは紙の本ならではのメリット・デメリットを実感【失敗しない本の選び方】の記事でさらに詳しく解説しています。

紙の本のメリット・デメリットも知っておきたい人はぜひ。

電子書籍と紙の本に関する様々な研究結果

紙の本 電子書籍 研究
紙の本 電子書籍 研究

ここまで「紙の本」と「電子書籍」の様々なメリット・デメリットを紹介してきたわけですが、

そんなん主観やんけ!

びっくり

と言われてしまえば、それまでです。

そこで、次に客観的な要素である「紙の本」と「電子書籍」に関する様々なデータを紹介します。

92%の大学生が電子書籍よりも紙の本を好む

アメリカン大学の言語学教授であるナオミ・バロン氏が行った調査によると、

紙の本の他に、スマートフォンやタブレット、電子書籍リーダー、PCなどさまざまな読書手段が用意されましたが、92%もの大学生が紙の本での読書が最も集中できる

(出典)https://newrepublic.com/article/120765/naomi-barons-words-onscreen-fate-reading-digital-world

と答えたそうです。

また、

特に集中して本を読みたい場合は紙の本で読書がしたい、と学生たちが考えている

(出典)https://newrepublic.com/article/120765/naomi-barons-words-onscreen-fate-reading-digital-world

ことも判明したようです。

なんだかんだ言って「電子書籍」よりも「紙の本」の方が世界的にも好まれているようです。

16歳から24歳の約3人に2人が電子書籍より紙の本を好むことが判明

同じようなデータですが、

若い世代のトレンドについてリサーチ・分析しレポートを公開しているVoxburnerによると、

16~24歳の62%が電子書籍ではなく紙の本を好んでいる

(出典)http://www.voxburner.com/publications/347-62-of-16-24s-prefer-books-as-physical-products

ことがわかっています。

年齢層の高い人が電子書籍を避けているのではなく、スマホ世代の人たちでさえ「紙の本」を好んでいるようです。

電子書籍よりも紙の本を好んだ理由としては、

  • ページをめくるなどの本の質感
  • 分厚い本を読み終わった後に感じる達成感

などが挙がっています。

これは先ほど紹介した「紙の本」のメリットに当てはまる事項です。

紙の本でしか味わえない「触感」

Microsoft Research Labの研究者で「ペーパーレスオフィスの神話」の共著者であるアビゲイル・セレン氏は、

今の自分が本のどこを読んでいるのかという感覚は、私たちが認識していた以上に重要です

アビゲイル・セレン氏より

と述べています。

また、AIS eLibraryが行った研究によっても、

紙の本にはすぐに分かるサイズや重さがある一方で、デジタルテキストにはスクロールバーなどで大まかな分量を確認できるのみで明確な形状がないことから、短編でもハードカバーでも同じ重さの電子書籍リーダーに対し「触感的不協和」を生み出す

(出典)https://aisel.aisnet.org/ecis2011/141/

ことがわかっています。

「紙の本」ならではの手触りというのは、思っている以上に読書において重要な要素であるようです。

記憶の仕方が紙と電子では異なる

2003年にレスター大学で行われた調査では

紙で読んだ学生とモニターで読んだ学生とで同等のスコアを獲得したのですが、情報の記憶方法が異なっていた

(出典)https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0169814103000271

ということが判明しました。

電子書籍は短期的な「覚える」記憶に頼った一方で、紙の書籍では、長期的な「知る」記憶となっていたとのこと。

読書の目的を考えると「紙の本」のほうが良いようです。

電子書籍の方がパフォーマンスに劣る

2013年にノルウェーのスタヴァンゲル大学で行われた研究では

ディスプレイでテキストを読む学生は、紙で読む学生よりも少し悪いパフォーマンスを示した

そうです。

なんでもかんでもデジタル化が進められていますが、アナログのままのほうがいいこともこの世界には存在しています。

電子書籍の賢い利用方法

電子書籍 賢い使い方
電子書籍 賢い使い方

記事の前半では、

「電子書籍すげー!」となったかもしれませんが、

だんだん、「あれ、一長一短なのかな?」と感じたかと思います。

最後に「じゃあ電子書籍をどうやって利用するのがいいのか」ということについて紹介します。

本気で読みたい本は「紙」

熟読して読みたい本の場合は「紙」の本をおすすめします。

  • データだとなんとなく内容が入りずらい
  • そもそも集中して読む時は家なので、持ち運びやすさとかは関係ない
  • 本気で読んだ本は残して、何度も読みたい

以上3つの理由からです。

電子書籍だと学校教育の影響なのか、どうも内容が入りにくいです。

やはり「紙の本」のほうが熟読ができます。

とはいえ、電子書籍の使い道はあります。

小説、1度読めばいいなーって本は「電子書籍」

熟読する必要はないけど、「一度は読みたいなー」って本は電子書籍がオススメです。

  • 今度はわざわざ買いに行くのは手間
  • 本棚に揃える必要もないかな、、
  • 内容も大まかでいいので、どこでもサクッと読みたい

以上の理由からです。

お試ししたいだけなのに、それほど手間をかけるのはメンドクサイですよね。

つまり、「紙」の本、「電子書籍」のそれぞれのメリットを存分に生かして使う二刀流がおすすめです!

電子書籍の利用手順

電子書籍 利用手順
電子書籍 利用手順

電子書籍を使いたい方のために、利用手順を紹介します。

手順は以下の通り。

step
1
電子書籍の配信サービスに登録

step
2
読みたい本を検索

step
3
電子書籍をダウンロード

STEP1:電子書籍の配信サービスに登録

step
1
電子書籍の配信サービスに登録

まずは、電子書籍の配信サービスに登録します。

電子書籍の配信サービスには、

  • 1冊ごとに購入
  • 読み放題サービス

とがあります。

自分の利用目的にあった方法を選ぶといいと思います。

STEP2:読みたい本を検索

step
2
読みたい本を検索

会員登録が済んだら、自分の読みたい本を検索してみましょう。

のちほど、目的別にあったオススメの電子書籍サービスを紹介していきます。

STEP3:電子書籍をダウンロード

step
3
電子書籍をダウンロード

読みたい本が見つかったら、すぐさまダウンロードしておきましょう。

ダウンロードしておくことで、外出先でもWi-Fiなしで読書をすることができます。

電子書籍最大のメリットを享受するためにも、書籍のダウンロードは必須です。

目的別オススメ電子書籍サービス

目的別 オススメ 電子書籍 サービス
目的別 オススメ 電子書籍 サービス

最後に目的別のオススメ電子書籍サービスを紹介します。

紹介するサービスは以下の通り。

  1. 読書全般、ビジネス書、小説→kindle unlimited
  2. 漫画→コミックシーモア
  3. 1冊ずつ読みたい→honto

とにかくたくさん本を読みたい方にはkindle unlimited

kindle unlimited
kindle unlimited

いわずと知れたAmazonの電子書籍サービスkindle unlimitedです

kindle unlimitedは僕自身も利用しており、超オススメのサービスです。

オススメの理由はなんといってもその価格。
月額980円なので、月に本を2冊以上読めば元が取れるんです。

僕自身多い時は月に10冊以上本を読むので、kindle unlimited様様として使っています。

ブクログ 読み終わった本
ブクログ 読み終わった本

初回は30日間無料なので、試さない手はないですよ。

kindel unlimitedについては、kindle unlimitedを4ヵ月間使ってわかった、賢い使い方【メリット・デメリット総まとめ】の記事でより詳しく解説しています。

とにかく漫画が読みたいなら「コミックシーモア」

漫画のサブスクはそれこそたくさんありますが、

一番オススメなのは蔵書数6万冊を誇る「コミックシーモア」です。

人気の漫画も読みまくれるので、漫画の読み放題は「コミックシーモア」を選んでおけば間違いありません。

さらに今なら、誰でも確実にもらえる50%OFFクーポンがあるので、少しでも読みたい漫画があるなら、ご覧になってみてください。

コミックシーモア
コミックシーモア

漫画読み放題サービスならこれ!

コミックシーモア

クリックするとサイトへジャンプできます

買い切り型ならhonto(ホント)

honto
honto

honto(ホント)とは、丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動したハイブリッド型総合書店です。

honto(ホント)がなぜオススメかというと、

  • 上記の店舗、ネット通販両方で使える100円=1ポイントのポイントカード
  • 1500円以上:無料の配送料
  • 常に何かしらのサービスを行っている

このような理由からネット上での評判もかなりいいです。

もし、買い切り型で電子書籍を読みたいならhonto(ホント)一択で間違いないでしょう。

新品でお得に

honto(ホント)

クリックするとサイトへジャンプできます

読書サービスおすすめ総まとめ【これで読書を効率化できる】

電子書籍のメリット・デメリット まとめ

 
電子書籍 メリット デメリット まとめ
電子書籍 メリット デメリット まとめ

今回紹介したメリット・デメリットをもう一度振り返ります。

良い事
  • かさばらないから持ち運びに便利
  • 購入したらいつでもどこでも読める
  • ハイライト機能(付箋的な)で情報が整理できる
  • 字の大きさでやる気アップ
  • わからない単語を2秒で調べられる
  • iPhoneでもiPadでも同期して読める
  • 読み放題サービスが利用できる
  • 毎月1冊無料で本を読める(条件あり)
悪い事
  • 早く読むことには向いてない
  • 貸せない・売れない
  • もちろん充電が必要
  • 本を揃える楽しみが失われる
  • 最初は操作慣れが必要
  • 目に悪い

どちらが完璧というわけではなく、それぞれのメリットを生かそうというのが総論です。

iPadも使うけど、やっぱりパソコンも使う。そんな感じですかね。

オススメの電子書籍サービスも紹介したので、自分の目的にあった電子書籍を選んでみてください!

今回は以上です。(๑˃̵ᴗ˂̵)

読書を実際に始めたい人へ

キャンペーン開催中

本の読み方・選び方がわからないと悩んでいませんか?

  • 本を読んでも生活が変わった実感がない
  • とりあえずでしか読書をしていない
  • どうやって本を選べばいいかわからない

こう言った悩みは、すべて読書初心者のための本の読み方・選び方【禁断の読書法大全】の記事で解決できます。

読書術の本を6冊読み、その内容を全て1記事に集約しました。

今後値上げする可能性もありますが、今だけ限定「500円」で公開しています。

また、内容が気に入らなければ、全額返金致します。

質の悪い読書を繰り返しても、結果は得られません。

結果が出る読書法を知りたい方はぜひ。

値上げする可能性もあります

今すぐ500円で申し込む

「読書ができない人→できる人へ」読書家への完全ロードマップでは、

読書ができない人をできる人にすべく、全て無料でそのノウハウを公開しています!

年間100冊ほど本を読む僕が、読書についてトコトン語っています。

僕の読書遍歴はブクログでご確認ください

読書ができなくて悩んでいる方は、ぜひこのロードマップをご利用ください。

読書 できない 
【読書ができない人→できる人へ】読書家への完全版ロードマップ

続きを見る

また読書のあらゆるメリットを以下の記事でまとめています。

読書で得られるメリット 11選【ほとんど知られていない】

スポンサーリンク




-読書
-

© 2021 shirablog Powered by AFFINGER5