勉強法が学べる本

【書評】『勉強大全』東大王・Quizknock・伊沢拓司の勉強法

2020-10-14

勉強大全 書評
クロ
  • 正しい勉強法が知りたい!
  • 東大生の勉強法が知りたい!

このような悩みを解決す....

るのではなく!

本記事内容

  • なんで受験するの?
  • なんで大学に行くの?
  • 正しい努力ってナニ?

ということについて紹介します。

「はあ?ふざけんなよ?勉強法が知りたいんじゃ!」と思うかもしれません。

ですが、騙されたと思ってこの記事を読んでほしいです。
絶対にあなたのこれからの人生に役立つ情報が詰まっています。

この記事を読み終えたら、「あの時知っておいてよかった!」となること間違いない詩です。

この本を読んでわかること

  • なんで大学に行くのか、受験をするのか
  • 具体的な勉強法
  • 伊沢さんの過去

受験ってなんのためにやるの?

受験では、「志望校に合格する」という目標のもと、「どうやったらその大学に受かるか」を分析します。

そして、その分析をもとに

  • このワークを8月は終わらせよう
  • 過去問は12月から始めよう

など対策を講じます。

この分析→改善というテクニックは受験に限らず、人生において使えるテクニックなんですよね。

受験で身につけたテクニックは、人生に応用できる

人生に応用できる。など大壮なタイトルをつけましたが、むしろ私たちが普段からやっていることです。

たとえば「お金がない」という課題があります。

そしたら「どうやったらお金を稼げるか」を分析して、バイトをするなり対策をします。

他にも「モテない」だったら、どうやったらモテるのか。(永遠の悩みでもありますが)

このように分析→対策のテクニックを身につけるために受験に挑むのです。

もちろん、ハードな課題に挑戦するというのも受験の大切な贈り物です。

しかし、それ以上に分析→改善が大切だと本書では語られています。

大学ってなんのためにいくの?

では、次に「大学って何のためにいくの?」という悩みです。

  • イイトコに就職するため
  • 人生の夏休み
  • まあなんとなく

この中で「なんとなく」以外は正解です。

答えは、大学という「余白」の時間にどう色を塗るかです。

現役大学生として言わせてもらうと、高校生のまま社会に出るなんて恐ろしすぎます(もちろん色々な事情があるので、否定しているわけではありません)

高校まで野球に熱中していた少年が、田舎で育ったまだ18歳の少女が、社会に出るのは早すぎると感じています。

  • 留学
  • バンド
  • バイト
  • 合コン
  • 趣味に没頭

大学生はなんだってできます。だから、どう色を塗っても正解です。

大学生のうちにとにかく視野を広げる。
可能性を存分に広げてから、自分のやりたいことで仕事をする。

そのための期間が大学です。

正しい努力ってなに?

最後に「正しい努力ってなに?」ということについて掘り下げていきます。

努力というと、どういうイメージでしょうか。
やっぱりツライことに歯を食い縛りながら挑むというイメージでしょうか。

はっきり言います。この考え方は間違ってます。

「全力」とはがむしゃらにやることではない。結果を最大化しようと考え続けること。

『勉強大全』より

だと本書で述べられています。

当初の受験の話からだいぶ逸れてしまったので、話を戻すと、受験で頑張るというと「多くの人が勉強時間をとにかく増やそう」と考えてしまいます。

しかし、ふと冷静になって考えてみると、この状態は「がむしゃら」です。我夢沙羅なのです。

がむしゃらでは目標は達成できない

なぜ「がむしゃら」では目標が達成できないかというと、「努力の方向性」を間違ってしまっているからです。

極端な例でいえば、サッカー選手になりたいのに野球を頑張るような状態です。
これでは、もちろん目標は達成できないというのは誰でも分かりますよね。

本書では、目標を達成するには

質と量が両方とも必要である

『勉強大全』より

と述べられています。

そして、質とは「努力の方向性」であり、量とは「努力量」です。

がむしゃらな状態は、間違った努力の方向に突き進んでしまっているからダメなのです。

  • 結果を最大化しようとするのが正しい努力なんだ
  • 頑張るってことなんだ

ということを、どうか頭の片隅にそっと置いておいていただきたいです。

『勉強大全』:まとめ

勉強大全 まとめ

冒頭でお伝えした通り、勉強に関するテクニックは一切紹介しませんでした。

でもそれ以上に、

  • なんで受験するの?
  • なんで大学に行くの?
  • 正しい努力ってナニ?

というこれから受験に挑むなり、何かしらに挑戦するにおいて大事なことが学べたと信じています。

暗記はこうやるといい、このワークがいい。そんなことはいくらでも、後から調べられます。

でも、残酷な話、努力の方向性を間違ってしまっていたらその努力は「無駄」です。

そのため、今回は本質の部分のお話をしました。

勉強の細かいテクニックについては、

勉強法が学べる本おすすめ4冊【東大、心理学の勉強法が集結】

を読むなりして学んでください。

僕も挑戦し続けます。

スポンサーリンク




-勉強法が学べる本

© 2021 shirablog Powered by AFFINGER5